Friday, February 08, 2013

近視の原因、症状を調べよう

近くは見える!視力回復を目指すためには、自身の近視の原因や症状をしっかりと理解しておかなくてはいけません。近視の多くは、メガネやコンタクで、視力を復活することができます。たまにですが、メガネやコンタクトでは視力を回復できないときもあります。そんな場合は目の病気が理由の場合もありますので、眼科医院でドクターの話を聞いて治療などの相談をしましょう。近視は遺伝で起こる原因がダントツのトップで原因が遺伝ですと、なかなか防ぐことができません。テレビゲーム、パソコンや暗い場所での読書などで、目を使いすぎることにより、一時的に遠くのものが見えにくい症状の「仮性近視」ということあります。でも、この「仮性近視」という病状については、外国では否定的な見方もあるようです。近視の症状が進むと、頭が痛くなるときもあります。遠くを見ると、ぼやけるのでメガネなどのアイテムがないと日常生活に支障がでて不便です。視力が0.3以上あれば、遠くはぼやけますが、生活ぐらいはできるかもしれません!0.1くらいまで近視が進行したら、裸眼では生活が困難になるでしょう。

Friday, February 08, 2013

乱視になる原因を知ろう

最近、見えていますか?最近「乱視」という言葉をよく耳にしますが、乱視ってどんな症状なのかご存知でしょうか?知ってる方って以外と少数だと思うのですが…最近、見えずらいという事で検査に行って、眼科で「乱視」ですといわれて知る人も多いと思います。乱視は、眼の角膜や水晶体に歪みがあることが原因で光の屈折のピントが合わなくなり、視界がぼけて、物が二重に見えたり、疲れ目などの症状が起こります。人間の眼は球体の形ではないので、どんな方でも乱視となる可能性があると言われています。乱視には二種類あり、角膜が理由で起きる乱視の症状を角膜乱視といい、水晶体(レンズみたいなもの)が原因で起きる乱視の事を水晶体乱視といいます。乱視の多数は角膜が理由だそうです。そして、角膜乱視には先天的に角膜や水晶体に歪みがあるとき、その原因で乱視になる先天性の角膜乱視と事故、ケガ、白内障や角膜炎などのさかさまつげや目の病気などが原因でなる後天性のものがあります。長時間の読書やパソコンをしていると疲れます!乱視を防ぐ為には、眼が疲れるほどの生活習慣や眼を細める癖はヤメましょう。「乱視かも」と思ったらそのままにせずに、早急に眼科に行きましょう。

Friday, February 08, 2013

老眼の原因と予防を学ぼう

老眼は、加齢が原因で…老眼の原因を知って予防しませんか? 歳を取って30~40代を過ぎると大体の方が「老眼」と呼ばれる視力低下の症状(近くが見えづらくなる)ことがあります。「老眼」は、本式に「老視」といい、加齢が原因による人間の劣化の一つで、ほとんどの方が避けて通れない視力の不具合です。「老眼」のきっかけは、眼の中にある水晶体(人間の目をカメラに例えると、角膜と水晶体はレンズの部分にあたります)が、加齢によって弾力を失くし、弱まってしまうためです。水晶体は、遠い物を見る場合に薄くなり、近い物を見る場合に厚くなるなど、ピントの働きをしてくれます。でも、この水晶体を動かす毛様体と呼ばれる筋肉が加齢によって弱ると、いくら水晶体が通常でも、厚さを合わせるための毛様体の働きがないと近い物を見るときに水晶体を厚くすることができなくなり、ピントが合わず、ボケてしまい近くが見えにくくなってしまうのです。老眼と似た視力低下の症状が最近、子供や青年たちにも見られるようです…テレビゲームやパソコンなど、長時間、眼に負担をかけつづけると毛様体が正確に働かなくなり、老眼と同様に近くが見づらくなる症状がでます。加齢は仕方がありませんが、毛様体を育てることで老眼を予防、避けることも可能です。

Friday, February 08, 2013

白内障の原因、症状など

曇ったら…「白内障」は高齢者の悩みのタネですね!白内障?よく白内障って聞きますが、いったいどんな病気なんでしょう…白内障について、目(瞳)にあるレンズに濁りが出てきて、視力が低下してくる病が「白内障」です。生まれつき水晶体(目のレンズの役割)が濁る先天性と年齢とともに水晶体(目のレンズの役割)が変色して白く濁る老人性、怪我などが原因で濁る外傷性に分けられます。他に、副腎皮質ステロイドなどを長い間利用したときの副作用や、糖尿病の合併症でなることもあります。白内障の症状を確認しましょう。あなたは大丈夫ですか?水晶体(目のレンズの役割)には血管や神経も通ってないので、痛みなどの症状がでません。そのせいで、はっきりと症状が出てくるまで気がつかず、なかなか病気の対策に遅れることも多いようです。濁りといっても、少し濁る程度で、高齢者ならば何方でも見られる症状で、視力の働きには影響ありません。小さな濁りがだんだん数を増し広がると、視力が低下し水晶体(目のレンズの役割)の白く濁っていることがわかってきます。自覚症状は、初期段階は視力の低下よりも、急に明るいところに出るとまぶしさを感じることから始まり、だんだん目がかすみ、スグに目が見えにくくなるといった症状になって、やがて視力が落ち、最後には明るいということだけを感じ取れるようになります。

Information

ラクトフェリン | ライオン 通販 - お試し
ダイエット効果が注目されるライオンのラクトフェリン、実は私3ヵ月間試して見ました!始めの頃は飲み忘れなんてこともありましたが、何とか頑張り3ヵ月飲み続けて…その結果なんとウエストのサイズが10cmも減り、体重はマイナス16kgとスゴイ結果がでました!運動や食事制限などのきついダイエットではないのでラクトフェリンはおすすめです。ライオン通販の健康食品(サプリメント)からお試しを…